大家さんの仕事は範囲が多岐に渡り、実際に着手してみると、その苦労を実感されるかと思います。そこに入居審査という専門的な業務を加えるのは現実的ではありません。多忙を極めるオーナー様だからこそ、入居審査のアウトソーシングをご検討ください。

契約周りの自己対応でかかる時間と労力

賃貸管理をアウトソースされていないオーナー様にとって、入居に関わる契約には大きな時間と労力が求められます。契約の際には不動産仲介会社のサポートが受けられるとはいえ、契約書の作成などの手間が必要です。

しかし、入居時にはこれに加えて入居審査のことも考えなくてはなりません。問題のある入居者を引き入れてしまうと、今後のトラブル対応に追われてしまい、さらなる時間と労力が必要になってしまうからです。

とはいえ、すでにお伝えしたとおり契約回りの自己対応は非常に煩雑なもの。入居審査については、専門の業者を外注するのが現実的と言えるでしょう。

入居審査を専門業者に依頼することで得られる情報

一般的な入居審査で調べられるのは以下の情報です。

  • 職業:安定的な収入を確保できる仕事に就いているかどうか
  • 年収:家賃をしっかりと払い続けていけるだけの収入があるかどうか
  • 滞納歴:これまでに家賃を滞納したことはないか
  • 保証人:賃借人が家賃を支払えなくなった場合に保証を行う人物の属性等

上記に加え、専門の業者に依頼をすると賃借人の人柄に関わる情報が得られます。賃貸物件オーナー様にとって、どんな人が自分の物件に住んでいるかというのは気になるところ。年収が十分であっても、性格に難があればご近所トラブルを引き起こす可能性もあるでしょう。

さらに言えば、過去に何らかのトラブル(犯罪歴を含む)を起こした人物は審査の時点でフィルタリングをしておきたいところです。加えて、反社や半グレといった人物の入居も確実に回避しなくてはなりません。

手間なしで高精度な入居審査がおすすめ

前項でご紹介した審査は専門性が高く、オーナー様ご自身で行うのは難しい業務です。手間をかけてもいいとご自身で挑戦されるのはおすすめできません。場合によっては、個人情報保護などの観点で問題を引き起こしてしまう可能性も考えられます。

審査をしっかりと行うことは、賃貸経営のリスク回避において必要不可欠。手間をかけずに、高精度な入居審査を行ってくれる業者への依頼は、その実現の第一条件と考えましょう。

まとめ

当社では、賃貸オーナー様向けの入居審査も承っております。反社チェックなども手がける専門的なノウハウで、厳格な審査をお約束いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。