(株)T (東京都、商業施設デザイン、設計、施工) (11月19日 配信)

受注低迷、赤字続く

昭和50年代初頭に創業し、50年代後期に有限会社の商号で設立された。昭和60年代初頭に株式会社に組織変更、平成20年代後期に現所在地へ移転している。事業内容は内装工事55.9%、各種セールスプロモーションほか43.1%。

近年の業績推移は、景気低迷の終息、消費増税の駆け込み需要もあって平成25年、26年期は年商14億円台を確保し、収益性も相応に安定していた。これを境に反動減もあって受注は低迷、収益性も悪化、段階的にリストラを継続し、黒字確保に努めたものの、資材費・労務費の高止まりに翻弄され、本業で赤字が続いている。

前期は売上高前期比4.9%増の10億8,310万円、純利益マイナス6,680万円で推移した。相対的に減収で推移していることに伴い、さらなる若干のリストラを敢行したものの、人手不足による労務費の高騰は著しく、...

詳しくはお問い合わせください