(株)T (埼玉県、配管資材の卸売業)(11月24日 配信)

業界再編で生き残れるか?

創業は平成1年4月で資材卸販売業者では業歴は浅いが、創業者は建材問屋のホームセンター部門の責任者で事業ノウハウは確立していた。創業者の右腕は専務取締役で二人が中心となり事業を統括していた。現在は経営企画室長などを歴任していた息子が平成29年9月から代表取締役に就任、会長に退いた実父から事業を継承しジリ貧経営からの脱却に取り組んでいた。
主要取扱商材は住宅設備や水回りの商品で1万点を超える取り扱いがあり、自社の倉庫を活用し小ロット納品だけではなく個装パッケージングを内製化するなどきめ細かなサービスを展開する。販売先と事業提携する“トータルプランナー”への脱却を掲げ、全国展開の大手同業者と差別化を進めていた。事業提携を牽引していたのは経営企画室長だった息子で、代表取締役社長に就任後は独自の注文システムを営業戦略としていた。

...

詳しくはお問い合わせください