A(株) (東京都、管工事業) (10月30日 配信)

3期連続増収ならず

昭和20年代初頭に設立され、50年代初頭に現商号に変更、業歴は70年を超えている。株式は会長を含む経営陣で保有しており、事業所は本社兼工場のほか、工場がある。事業の内訳は従来からのダクト工事(管工事)70%、板金工事30%となっており、いずれも下請で、大手管工事企業を主力販路としている。

平成に入り年商20億円を計上し、ダクト工事業者として営業基盤を確立していたが、徐々に減少傾向が続き、それに伴い営業規模、従業員規模を縮小していった。リーマンショック前に年商18億円まで盛り返したが、震災も重なって再び減収に逆戻りし、政権交代で市況がやや上向くなか、平成26年期には年商12億円まで落ち込み、出遅れた感があった。さらに労務費資材費の高止まりで採算確保に苦戦し、...

詳しくはお問い合わせください