(株)O (東京都、ビルメンテナンス 、電気工事) (10月10日 配信)

人手不足の影響色濃く、赤字に転落

昭和20年代初頭、清掃業者として創業した。30年代半ばに法人化して警備業に鞍替えし、47年の札幌五輪の会場警備で相応に名を馳せたが、50年代初頭に現在のビルメンテナンス業に業種変更している。事業内容はビルメンテナンス業94.9%、電気工事など工事関連5.1%。事業所は本社のほか、埼玉県に支店がある。株式は代表ほか役員で保有。

平成10年代半ば頃にピークを迎え、売上高約30億円を計上していたが、以降は緩やかに減少して赤字を散発するようになり、財務体質も悪化した。これに鑑み、有価証券、社有不動産の売却等を行なったが、シェアの3割を大手電力会社に依存していたため、震災の影響をもろに受け、平成20年代半ば期には売上高19億5,286万円と年商20億円を割り込んでいる。

前期は売上高前期比6.6%増の21億6,383万円と2期連続増収で推移した。一方、収益面は...

詳しくはお問い合わせください