(株)S (神奈川県、港湾土木工事・石材採取 ) (8月7日 配信)

増収に転じるも、借入過大、受注残減

創業は大正初期、業歴は100年余りを数える老舗の土木工事業者で、法人化されたのは昭和20年代後期。事業所は本社のほか、営業所、作業所がある。同族会社で、事業内容は土木工事88.7%、石材採取・その他11.3%で、年々工事の比率が高くなっており、公共工事が工事の9割強を占め、地場の神奈川県らと密着した営業展開をしている。

約20年前には年商規模は現在の3倍にもなる48億円強を計上していたが、2000年代に入って売上規模は激減し、リーマンショック後の平成21年期には売上高22億円強とピークの半分を割り込んだ。その後、副業の石材採取販売で若干盛り返したものの、景気低迷が底を打ち、市況が僅かに回復する中、当社は受注競争に押されて低迷し、人手不足に翻弄され、受注は浮き沈みを繰り返して赤字を散発していた。

前期は売上高前期比32.8%増の16億5,258万円、...

詳しくはお問い合わせください