T(株) (東京都、各種アルミ製品の仕入販売) (7月24日 配信)

連続欠損、債務超過転落間近

昭和30年代初頭に個人創業、40年代半ばに法人化した代表一族によるアルミ製品商社。一次問屋指定を受ける化学工業会社アルミニウム圧延メーカーを主力仕入先として、アルミ板材43.7%、押出型材・管28.2%、丸棒20.5%、箔・線・パイプ他7.6%を取扱っている。販路は東北~静岡の二次問屋向け80%、流通センターを拠点としたメーカー直販20%であり、全体では約800社の販路を構築するが、上位3社で売上の約50%を占める。最終製品として半導体製造装置、OA機器、電機製品、デジカメ、音響、手摺、連結器具などの部材に使用されていると聞く。

「アルミの総合デパート」を標榜し、地場中小企業として顧客ニーズへ即応するなど小回りを利かせた営業が信条。比率は僅少ながら、外注業者を利用した特殊加工やDIYショップ向けにオリジナル家具什器、プランターなどの製造販売も手掛ける。現社長は創業者が逝去した平成10年代半ばに就任、専務との2名代表。株主も代表2名で100%を保有するが、専務の持分が71.4%を占める。

判明する近年の業績をみると、6期連続で営業損益、最終損益の欠損を強いられており、...

詳しくはお問い合わせください