N(株) (東京都、建設業、不動産賃貸業) (2月27日 配信)

人手不足・受注競争に翻弄される

昭和10年代初頭に創業者が大工の棟梁として創業したのが始まりで、30年代半ばに前商号へ名称変更し、法人化されたのは40年代半ば。同族会社で、事業内容は民間元請を主体とする建築工事や管工事等の建築部門89.1%、不動産部門(賃貸)10.9%、事業所は本社のほか資材置場があり、愛知県内に不動産部門の直営店3店舗がある。

創業者一族は昭和40年代半ばに大工養成学校」を開校し、健康100年住宅協会の理事を務めるなど、本業のほか、人材育成、健康住宅の普及活動にも尽力していた経緯を持ち、平成初頭には年商56億6,500万円、従業員も現在の倍の規模を擁していた。以降は建設不況等で売上規模は緩やかに減少、平成10年代初頭には年商30億円を割り込み、近年はさらにその3分の1以下と歯止めのかからない状況が続いている。市況低迷終息に伴い、回復したかに見えたが、以降、再び2期連続減収で推移している。

前期は、...

詳しくはお問い合わせください