(株)ピクセラ (2月1日 配信)

Oakキャピタル㈱筆頭株主へ、超強気目標の行方

コード 062 格付け DD
本社所在地 大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70 業種 デジタルAV家電の開発販売
代表者 藤岡 浩 決算期 平成30年9月期
従業員数 133名 売上高 2,551百万円
資本金 3,696百万円 利益 ▲ 1,048百万円

現社長藤岡浩氏が昭和57年6月に大阪府堺市で設立したコンピューター周辺機器のファブレスメーカー。ビデオキャプチャーやワンセグチューナーなど映像関連のパソコン周辺機器を中心に扱い、業界中堅上位にランクされる。
平成14年12月マザーズ上場(16年9月東証1部→27年2月東証2部)。平成19年6月に市場投入したTV向け地上デジタルチューナーが日本の地デジ完全移行が行われた同23年に需要が急増し売上高153億円を計上するも、以降、液晶TV需要の減退もあって業容は縮小均衡を辿り、連続欠損を演じた。26年12月には債務超過による上場廃止猶予期間入りが発表されたが、Oakキャピタル㈱への第三者割当増資により切り抜け、27年9月期には資産超過。その後も収支は低調であるが、新株予約権の株式転換により資本金が倍増しており、無借金経営へ転じている。

30年5月に単身向けオリジナル白物家電メーカーとして成長を続ける㈱A-Stageを買収し、期中、10億円近い売上が寄与。通期業績は増収黒字転換が期待されたが・・・

業績推移 売上高 経常利益 当期純利益
27/9 2,822 ▲ 355 ▲ 277
28/9 1,901 ▲ 453 ▲ 481
29/9 2,423  18  7
30/9 2,551 ▲ 1,030 ▲ 1,048
31/9(予) 8,364 276 183

単位;百万円

詳しくはお問い合わせください