㈱サイゼリヤ(4月5日 配信)

外食優良企業の現状

コード102格付けDD
本社所在地埼玉県吉川市旭2-5業種飲食店の経営
代表者堀埜 一成決算期平成30年8月期
従業員数

2,126名

売上高154,063百万円
資本金8,612百万円利益5,074百万円

1973年5月に千葉県市川市で開業したイタリアンレストラン『サイゼリヤ』は、低価格の手軽な外食チェーンとして人気を呼ぶ。現在、北海道から沖縄まで1,086店舗、中国を中心に海外でも400店舗近くを現地法人が展開している。実際、中核のレストラン『サイゼリヤ』事業はショッピングモールなどへ積極的な出店を継続、2019年も既に阪急六甲駅北口店、久留米駅前店、クロスシティ弁天町店、ダイエー西台店など新店を開業している。一時はデフレに苦しむ飲食業界の優等生としてメディアで取り上げられるなどしていた。しかし、実情は既存店の来店客数が15カ月連続で前期割れ、新規出店で売上増加を図るも実際には頭打ちからジリ貧へと転じている。客単価は前年を維持しているが、もともと定番の人気メニューは税抜き299円や399円と低価格で下方硬直性があり、“堅調で底堅い”とは言い難い。様々なメディアで「なぜ客離れか止まらないか」を検証しており、飲酒利用への影響で“全席禁煙”を元凶とする見方も多い。実際、グラスワインは100円、デカンタでも200円でサイドメニューを頼んでも1,000円程と“せんべろ”ではある。しかし、禁煙で居酒屋気分の来店客離れが、15カ月もの長期低迷の元凶とは言い難い。・・・

業績推移売上高経常利益当期純利益
2014/8125,6185,9171,193
2015/8139,2778,0043,774
2016/8144,9619,1345,505
2017/8148,30611,8857,496
2018/8154,0638,8955,074
2019/8(予)159,8009,7005,900

単位;百万円

詳しくはお問い合わせください