㈱プレナス(5月17日 配信)

競争優位を失い戦略にブレも

コード 102 格付け C
本社所在地 福岡市博多区上牟田1-19-21 業種 弁当販売・外食業
代表者 塩井 辰男 決算期 平成 31年 2月期
従業員数 1,306名 売上高 153,914百万円
資本金 3,461百万円 利益 ▲2,926百万円

前身は昭和35年3月に創業した㈲太陽事務機だが、昭和62年6月に持ち帰り弁当チェーン『ほっかほっか亭』を九州・山口地区で展開する㈱ほっかほっか亭九州地域本部を吸収合併し外食産業へと参入した。『ほっかほっか亭』のフランチャイズ対立で平成20年5月に独自ブランド『ほっともっと』に事業再編し、積極的なTVコマーシャルで知名度を全国区とした。外食事業では定食店『めしや丼』を展開し平成14年9月には100店舗を達成、同年12月に東証一部に上場している。男性客のイメージ強い『めしや丼』を『やよい軒』に屋号を統一し、“こはんおかわり無料”の割安感で多店舗展開を加速した。現在、『ほっともっと』は3,000店、『やよい軒』は400店を目指す展開となっている。

平成31年4月16日から一部の『やよい軒』で、“ごはんおかわり有料化”に方針転換した。炎上を引き起こす話題に飢えているネットニュースが早速取り上げ、会社側が戦略転換を“おかわりしない人からの不満”と回答し火に油を注ぐ結果となった。有料化は店舗全体の約3%であり・・・

業績推移 売上高 経常利益 当期純利益
2014/2 151,067 8,727 5,018
2015/2 152,585 7,708 4,236
2016/2 145,828 6,719 3,631
2017/2 140,972 7,622 4,037
2018/2 145,709 5,261 2,351
2019/2 153,914 143 ▲2,926
2020/2(予) 159,250 2,640 240

単位;百万円

詳しくはお問い合わせください