第一屋製パン㈱(7月3日 配信)

黒字転換を予測するも現実は厳しい

コード019格付けDD
本社所在地東京都小平市小川東町3-6-1業種中堅老舗製パン業
代表者細貝 正統決算期平成 30年 12月期
従業員数699名(連結 874名)売上高25,145百万円
資本金3,305百万円利益▲531百万円

昭和22年6月に東京都大田区の個人経営製パン店「第一屋」が前身で、同業者や食品製造会社を買収して事業を拡大させて来た。昭和37年9月には東京証券取引所二部に上場、ハワイに現地法人を設立するなど積極的な事業展開をしていた。半面、業界大手の山崎製パン㈱などが商品構成やマーケティングで差別化する中で、自社で製造販売するパン製品や和洋菓子製品の独自性は乏しく一般消費者への訴求は乏しく当社の印象は薄いのが現実である。実際、当社の知名度と売上高を支えているのは・・・

業績推移売上高経常利益当期純利益
2011/1226,706▲1535
2012/1224,792▲54▲229
2013/1224,697486519
2014/1224,955359302
2015/1225,074259150
2016/1226,693553410
2017/1226,6028457
2018/1225,145▲438▲531
2019/12(予)25,1009010

単位;百万円

詳しくはお問い合わせください