㈱アルペン(7月17日 配信)

投資戦略の適正や相乗効果は不透明

コード070格付けDD
本社所在地愛知県名古屋市中区丸の内2-9-40業種スポーツ用品店の経営
代表者水野 敦之決算期令和元年6月期(予想値)
従業員数3,126名(連結 3,982名)売上高230,159百万円
資本金15,163百万円利益▲1,679百万円

事業を支えてきたゴルフ・スキーは個人消費の低迷で市場は伸び悩んでいたが、自ら“スキーのアルペン”のイメージから脱却できず既存事業に依存した経営体質を引きずった。平成27/28年は暖冬で平成28年6月期の売上高を下方修正、業界2位のゼビオホールディングス㈱の平成28年3月期売上高が2,213億円を上回ったのとは対照的であった。ウインター用品からアウトドア用品などへのシフトが進んでいるゼビオホールディングス㈱の追い上げを業界が注目する転機となった。株式市場は“逆転は想定内”との見解であったが、・・・

業績推移売上高経常利益当期純利益
2013/6203,72413,4046,629
2014/6211,2938,0624,768
2015/6218,9484,6161,117
2016/6223,6433,497▲2,263
2017/6220,0396,2072,741
2018/6227,6754,3751,979
2019/6(予)230,1592,429▲1,679

単位;百万円

詳しくはお問い合わせください