井村屋グループ㈱(2月21日 配信)

 老舗企業を直撃する小豆高騰とコロナウイルス

コード019格付けC
本社所在地三重県津市高茶屋7-1-1業種和菓子・冷菓の製造販売
代表者浅田 剛夫決算期平成31年3月期
従業員数47名(連結:978名)売上高45,108百万円
資本金7,625百万円利益1,256百万円

創業は古く明治29年に三重県松坂町(現・松坂市)で井村和蔵が菓子の製造を始めた時期まで遡る。その後、50年以上も地元密着型の和菓子店であったが、昭和22年4月に事業を法人に改組し㈱井村屋とした事が事業拡大の契機となる。ビスケット工場、キャラメル工場、ようかん工場、カステラなど焼菓子工場と生産施設を開業、昭和36年3月に名古屋証券取引所に上場した。翌37年8月にはゆであずき販売を開始、会社の代名詞となるあずき事業へと発展する。昭和48年には今や国民的アイスとなるあずきバーを販売、食品製造販売事業では約20%の売上高構成比となる主力商品である。余計な混ぜ物を使わず“鋼鉄やサファイアよりも固い”とインターネットで話題となり、類似商品は多いが「あずきバー」は登録商標にもなっている。平成22年10月に持株会社制に移行、現在は井村屋㈱を中核に連結子会社8社のグループを形成している。
圧倒的なネームバリューを持ち、高い採算性で食品業界では優良企業として認知されていた。しかし・・・

業績推移売上高経常利益当期純利益
 H27/336,346700381
  28/338,644738445
29/341,9971,306716
30/345,0611,4951,112
31/345,1081,5621,256
R2/3(予)44,000820500

単位;百万円

詳しくはお問い合わせください