㈱ゼネラル・オイスター(7月3日 配信)

 6次産業化も、5期連続赤字

コード 102 格付け D
本社所在地 中央区日本橋茅場町2-13-13 業種 オイスターバーの経営
代表者 吉田 秀則 決算期 令和 2年 3月期
従業員数 104名 売上高 3,579百万円
資本金 808百万円 利益 ▲106百万円

平成12年4月にオイスターバーの経営を目的として設立された㈱ヒューマンウェブが前身。翌年9月「ウォーターグリル・オイスターバー」赤坂店オープンを皮切りに全国で「ガンボ&オイスターバー」などを運営、オイスターバー専業で成長。現在26店舗を展開する日本最大のオイスターバーチェーン。平成27年3月に東証マザーズに上場。翌年には直営店舗に加え、牡蠣の養殖から浄化、加工まで手掛け、海洋深層水で洗浄することで食中毒のない牡蠣を目指し、自社のオイスターバーで販売するいわゆる「6次産業化」を果たした。
しかしながら、・・・

業績推移 売上高 経常利益 当期純利益
 H28/3 3,893 ▲349 ▲486
  29/3 3,868 ▲475 ▲772
30/3 3,854 ▲173 ▲333
31/3 3,706 ▲18 ▲293
R2/3 3,579 ▲157 ▲106
R3/3(計画) 新型コロナウイルス感染症カクダイによる影響を算定困難なことから未定

単位;百万円

詳しくはお問い合わせください