㈱ランシステム(10月9日 配信)

 転機を迎えたアミューズメント業界

コード 106 格付け DD
本社所在地 東京都豊島区池袋2-43-1 業種 複合カフェの運営業
代表者 日高 大輔 決算期 令和2年6月期
従業員数 160名(連結:221名) 売上高 6,958百万円
資本金 803百万円 利益 ▲884百万円

バブル期の昭和63年12月に狭山市でテレビゲーム機の小売業として創業、平成8年7月にビリヤード場の経営などアミューズメント事業へと進出する。平成10年8月にインターネットカフェやビリヤード場を併設する「スペースクリエイト自遊空間」の1号店を春日部市に出店、僅か2年で直営店とフランチャイズ店を合わせて50店舗へと多店舗展開する。平成15年12月には100店舗体制となり、翌年に株式を店頭登録するなど積極的な事業展開を図った。インターネットカフェ事業はM&Aを実施し、現在はAOKIホールディングスグループの運営する「快活CLUB」(約500店舗)に次ぐ、154店舗を展開する業界2位のシェアを確立している。
しかし、インターネットカフェは乱立から淘汰へと事業環境は変化、「スペースクリエイト自遊空間」は僅か2年間で40店舗以上を閉鎖・再編している。業界1位の「快活CLUB」は・・・

業績推移 売上高 経常利益 当期純利益
H27/6 7,962 275 87(単独)
  28 /6 8,150 220 25
29 /6 8,466 101 ▲226
30 /6 8,501 93 76
R1/6 8,284 204 32
2/6 6,958 ▲60 ▲884

単位;百万円

詳しくはお問い合わせください