㈱スーパーバリュー(11月6日 配信)

 存在感も乏しく先行きは不透明

コード 101 格付け DD
本社所在地 埼玉県上尾市愛宕3-1-40 業種 総合食品スーパーの経営
代表者 岸本 圭司 決算期 令和2年2月期
従業員数 424名 売上高 76,999百万円
資本金 374百万円 利益 ▲2,304百万円

昭和37年に創業した埼玉地盤の㈲大川家具(㈱大川ホールディングス)を親会社として、平成8年3月にホームセンターの経営を目的に設立された㈱大川ホームセンターが前身である。親会社との事業提携と埼玉地場の同業者をM&Aし事業を拡大、平成14年から食肉や鮮魚の販売を強化し総合スーパーへと再編する。平成16年11月に「スーパーバリュー南船橋店」を新規出店、ストアブランドを「スーパーバリュー」に統一し展開している。平成20年2月に株式を上場し出店を加速・・・

業績推移 売上高 経常利益 当期純利益
H28/2 68,400 652 367
  29/2 73,523 977 627
30/2 73,966 156 406
31/2 75,875 ▲480 ▲1,197
R2/2 76,999 ▲830 ▲2,304
3/2(予) 80,000 993 690

単位;百万円

詳しくはお問い合わせください