桂川電機(株)(1月18日 配信)

 ゴーイングコンサーン継続

コード 065 格付け ⅮD
本社所在地 東京都大田区矢口1-5-1 業種 事務用機械器具製造業ほか
代表者 渡邉 正禮 決算期 令和 2年 3月期
従業員数 346名 売上高 7,169百万円
資本金 4,651百万円 利益 ▲1,091百万円

戦時中の昭和20年4月に航空機用セレン、亜酸化銅の半導体整流素子、整流電源装置の製造販売を目的として創業、同29年2月に法人組織化。同36年には独自のKIP電子写真方式を発明、同方式を利用した大判マイクロ機器等が全世界へ流通。同58年頃までは各種マイクロモーターとマイクロフィルムプリンタが主力製品であったが、同59年からはA1、A2版の大判図面用複写機が主力製品として成長、平成4年には世界に先駆けA0判対応の大判デジタル複写機を販売したほか、CADシステムの普及やオンライン化、大量・高速化に対応したデジタル複合機が主力となった。

昭和47年6月に旧・桂川電機が額面変更のため当社(同20年4月設立の大東電波工業㈱)へ吸収され、新・桂川電機として再スタート。平成3年9月に店頭公開、同16年12月にジャスダックに株式上場。
現在はその他関連会社㈱三桂製作所をはじめ国内外での販売を目的とした子会社16社でグループを形成、米国、アジア、欧州など海外向けが%を占める。事業セグメント別では・・・

業績推移 売上高 経常利益 当期純利益
  H29/3 10,694 ▲1,182 ▲1,056
30/3 9,338 ▲543 ▲587
31/3 8,186 ▲604 ▲722

R2 /3

7,169 ▲878 ▲1,091

3/3

新型コロナウイルス感染拡大の影響により算定が困難なことから未定

単位;百万円

詳しくはお問い合わせください