(株)フォーサイド  (12月5日 配信)

期待された仮想通貨マイニングは早くも失速

コード 064 格付け D
本社所在地 東京都中央区日本橋室町3-3-1 業種 コンテンツ開発、金融他
代表者 假屋 勝 決算期 平成 29年12月期
従業員数 4名(連結 70名) 売上高 3,090百万円
資本金 805百万円 利益 29百万円

平成12年3月に携帯電話向けコンテンツブロバイダーとして設立、大手通信キャリアへのコンテンツ配信サービス業が中核であった。通信機器の高度化と通信インフラの整備を追い風に事業を拡大、第三者割当増資の直接金融で資金を調達し設備投資していた。

設立から僅か2年7カ月後にはジャスダック市場に株式を公開、公募で資本金を大幅に増資してM&Aと海外子会社を設立するなど拡大路線へまっしぐらだった。平成16年12月にジャスダック市場に株式を上場、事業運転資金を株式市場から調達し更にM&Aを加速していた。

しかし、携帯電話からスマートフォンへの急速な転換で創業から築いてきた優位性が失われ、コンテンツ市場はゲーム業界を巻き込み供給過剰へと突き進む。相乗効果に疑問のあるM&Aでグループ化した企業を次々と売却、海外子会社を解散するなど一転して事業リストラに舵を切った。平成16年8月には約143億円だった資本金は、平成21年3月には50億円を切る水準まで減資していた。

生き残りを図り事業を再編、デジタルコンテンツ戦略を見直し開発事業を海外に本社機能を福岡出張所に移転する。平成26年11月に持株会社制に移行、資本金は1億円まで減資した。事業のスクラップアンフォビルドで・・・

業績推移 売上高 経常利益 純利益
27/12 756 ▲ 216 ▲ 481
28/12 935 41 34
29/12 3,090 115 29
30/12(予) 3,840 ▲ 130 ▲ 450

単位;百万円

詳しくはお問い合わせください