(株)レオパレス21  (11月9日 配信)

非常に高い確率で瑕疵物件判明中

コード 011 格付け DD
本社所在地 東京都中野区本町2-54-11 業種 不動産賃貸管理、アパート施工
代表者 深山 英世 決算期 平成 30年3月期
従業員数 7,690名 売上高 530,840百万円
資本金 75,282百万円 利益 14,819百万円

平成28年末頃より当初の10年保証が履行されず、一般オーナーへの家賃減額事案や修繕費返還請求などが訴訟により表面化、週刊誌や経済雑誌でも後追い報道が相次いでいたところ、平成29年12月26日放送の「ガイアの夜明け」(テレビ東京)で「スクープ!レオパレス21『違法建築』疑惑」と題し、全国各地で「界壁」のないアパートを20年間も放置していた実態を報道(界壁とは共同住宅など各住戸の間を区切る壁)。これを受け、30年5月29日、当社は施工したアパートに建築基準法違反の疑いがある不備が見つかったとし、31年6月までに全3万7853棟を調査すると発表した。

当社は深山祐助が昭和48年8月杉並区で不動産仲介・売買を目的に設立。当初、㈱ミヤマと称した。設立当初は不動産仲介が80%を占めていたが、55年頃から戸建て住宅の建売を主体に、レオパードと称するマンション分譲を開始。60年4月より分譲都市型木造アパートレパレス21を投入し業容が急速に拡大。

平成元年2月店頭公開バブル崩壊後は大幅減収で連続欠損を余儀なくされ、事業の主力をアパート分譲(一棟売)からアパート建築請負に転換し、建築請負と賃貸のシナジーモデルを確立して事業を再び成長軌道に乗せた経緯がある。30年3月期末の管理戸数は570千戸、直営店舗189。現在の収入内訳は、自社物件やオーナーから借り上げたサブリースによる賃貸事業82%、開発事業14%、シルバー事業やホテルリゾート事業が続く。・・・

 

業績推移 売上高 経常利益 純利益
28/3 511,513 19,909 19,631
29/3 520,488 22,355 20,401
30/3 530,840 22,354 14,819
30/6(1Q) 129,268 4,138 ▲ 957
31/3(計画) 553,000 24,000 11,500

単位;百万円

詳しくはお問い合わせください