(株)ボルテージ  (2月9日 配信)

コンテンツ制作ベンチャーも淘汰へ

コード059
格付けDD
本社所在地東京都渋谷区恵比寿4-20-3業種ゲームコンテンツ制作
代表者津谷 祐司決算期平成 29年6月期
従業員数339名(連結 364名)売上高8,820百万円
資本金936百万円利益24百万円

平成11年に映画製作やwebコンテンツ配信などを目的に㈲ボルテージが設立、直ぐにNTTドコモ向けコンテンツを配信開始し設立翌年の平成12年2月には株式会社に組織変更している。

当初はNTTドコモの携帯電話サービス「iモード」向けにコンテンツを配信していたが、平成20年頃から爆発的にスマートフォンが普及しコンテンツ配信の先行者利益を得て急成長する。平成22年6月には株式を公開、ゲーム開発会社のグリー㈱や㈱ディー・エヌ・エー、SNS運営会社の㈱ミクシィへとコンテンツを配信する。

当社のコンテンツは創業者:津谷祐司の留学経験や自身の弱みを見据えて「恋愛と戦いのドラマ」をテーマとし、群雄割拠のコンテンツ配信業界で差別化する。特に恋愛ドラマゲームでは先駆的な存在で、ドラマやゲーム、映像、英語・VRなど多様化する需要に対応していた。また、ゲーム開発やSNSコンテンツなどのベンチャー企業の多くは若いエンジニアの創業が多い中で、・・・

 

業績推移売上高経常利益純利益
26/610,082646291
27/610,599485232
28/611,219488210
29/68,82015824
30/6(予)8,000▲ 900▲ 750

単位;百万円

詳しくはお問い合わせください