池上通信機(株)  (11月2日 配信)

減収続き、前期は多額の赤字計上

コード 062
格付け DD
本社所在地 東京都大田区池上5-6-16 業種 情報通信機器製造
代表者 清森 洋祐 決算期 平成 29年3月期
従業員数 920名 売上高 22,774百万円
資本金 7,000百万円 利益 ▲ 2,738百万円

当社は昭和21年創業、24年にはNHK総合技術研究所の指導を受けテレビ放送用機器の製造を開始した。以降、放送機器、監視カメラ、医療用カメラなど一貫して情報通信機器の製造を行い、技術面には一定の評価がある。なお、株式上場は昭和36年。

また、一時は東芝と資本提携を締結し、20%の株を保有して持分法適用会社となったが、自己株式買取により提携関係は解消している。

さらに、平成21年頃には減収・赤字計上が続き、業績不振でかなり厳しい状況となった。そのため、生産拠点を宇都宮工場に集約し、従業員の削減を断行して経費削減に努め、凌いできた。
その後も減収傾向は続いているが、・・・

 

業績推移 連結売上高 連結経常利益 連結当期純利益
27/3 24,863 1,159 1,109
28/3 24,535 281 243
29/3 22,774 ▲ 3,401 ▲ 2,387
 30/3(見込) 26,000 600 550

単位;百万円

詳しくはお問い合わせください