(株)レオパレス21  (10月6日 配信)

集団訴訟が頻発

コード 011
格付け DD
本社所在地 東京都中野区本町2-54-11 業種 不動産賃貸事業
代表者 深山 英世 決算期 平成 29年3月期
従業員数 7,695名 売上高 520,488百万円
資本金 75,282百万円 利益 20,401百万円

単身者向けアパートの建築請負と賃貸が2本柱。事業内容は、賃貸80%、建築請負15%、ホテルリゾート関連2%、シルバー関連2%、その他1%。昭和48年8月、㈱ミヤマを設立。平成元年2月、ジャスダック市場に上場。その後、東証一部に。平成元年10月、商号を㈱エムディアイに変更。平成12年7月、商号を㈱レオパレス21に変更した。

貸家新設着工数で高シェアを誇ったが、平成20年、リーマンショックが法人需要を直撃、業績が悪化、しばらく無配が続いた。営業店舗削減などで、立ち直しを図り、法人の借り上げ社宅需要や、留学生の受け入れ策により、業績は回復基調であった(現在は配当を行っている)。

しかし、ここへきて、物件オーナーの集団訴訟が頻発している。当社は、・・・

業績推移 売上高 経常利益 純利益
25/3 454,222 11,091 13,335
26/3 471,089 11,574 15,229
27/3 483,188 13,424 14,507
28/3 511,424 19,820 19,432
29/3 520,488 22,355 20,401

単位;百万円

詳しくはお問い合わせください