アサヒホールディングス(株)  (6月16日 配信)

M&Aが裏目となりV字回復も困難か

コード 050
格付け DD
本社所在地 神戸市中央区加納町4-4-17 業種 貴金属リサイクル業など
代表者 寺山 満春 決算期 平成29年3月期
従業員数 55名(連結 1,962名) 売上高 106,828百万円
資本金 4,480百万円 利益 ▲ 1,213百万円

昭和39年4月に設立した㈱朝日科学研究所(現・アサヒプリテック㈱)が前身、設立当時は写真定着液の回収、銀地金精製と写真薬品の販売などフィルム現像に関わる事業であった。その後に産業廃棄物処理の許可を写真業界で初めて取得、銀地金からパラジウム地金など事業を拡大して平成12年11月に株式を公開している。

その後もM&Aの積極戦略を推進、平成21年3月に持株会社制に移行し同年3月には東証一部に指定替えとなった。純粋持株会社制への移行でアサヒプリンテック㈱とジャパンウェイスト㈱を中核に、海外現地法人を含めグループを形成している。

事業の65%を占める貴金属事業では、貴金属リサイクルを行い含有スクラップなどから金・銀・パラジウム・プラチナ・インジウムなど貴金属や希少金属をリサイクル販売している。用途は電子材料から歯科材料、宝飾品、自動車触媒など多岐に渡っている。15%内外を占める環境保全事業では写真現像所、印刷所、病院など医療機関から出る廃酸・廃アルカリ、廃油など産業廃棄物を処理・無害化している。

M&Aで事業化したライフ&ヘルス事業は現在では・・・

業績推移 売上高 経常利益 純利益
27/3 111,417 10,561 5,774
28/3 118,473 8,510 5,031
29/3 106,828 1,751 ▲ 1,213
30/3 120,000 11,300 7,600

単位;百万円

詳しくはお問い合わせください